女性が働ける環境の整備

現在、女性が結婚しても働き続けるという事がなかなか難しいといわれています。結婚によって家事の負担が増すことになり、働く時間にも制限が生じがちになります。雇う側も結婚したら辞めてもらうという意識でいることも多く、そのタイミングで退職勧奨をされるケースも多くあります。生活が大きく変わるタイミングでもあるので、体調などに不安を感じることも原因の一つといえるかもしれません。

もう一つ大きな関門として出産が挙げられます。妊娠すると、身体にある程度気を付けていかなくてはなりません。体を酷使するような仕事では働き方を控える必要も出てくることがあります。出産前、出産後しばらくは働くことが出来ませんので、休暇を取る必要も出てきます。産休が取りにくいような厳しい職場では働き続けることが難しくなるのは否めません。

また、産休が取れたとしても、その後に子供を預けることが出来なければ働くことが出来ないのです。近年人口密集地では保育施設が不足していて、待機児童が多く出ている状況があります。そのため、仕事ができる人でも辞めざるを得なくなってしまうのです。女性が退職を迫られることなく、働き続けていくことが出来れば技術の維持、労働力の確保など社会全体に置いても大きなメリットがあります。社会全体でこうした女性の働き方について考えて対策をとっておくことで、より良い国の在り方へとつなげていくことが出来るはずです。女性たちのスキルを無駄にしてしまうことは、国全体が大きく損をすることに繋がります。

Leave a Reply