社会が抱える大きな課題

会社の育休制度が充実してきた中、母親になっても働き続ける女性はどんどん増えています。ただし、その現状は出産で退職してしまう人も多く、必ずしもほとんどがそうだとは言えません。この場合、退職を選んでしまう理由には、仕事と子育てを両立させていく不安や、実際に難しいことがすでに分かっているからでしょう。子育てに対するサービスがそこまで普及していないことも理由にあり、利用したくても定員がすぐにいっぱいになってしまったり、経済的な問題も考えられます。

しかし、子育てが落ち着いてから仕事に復帰する人もたくさんいます。これなら問題のないようにも見えますが、実は女性の復帰はそんなに簡単なことではないです。小さな子供がいることや、年齢やブランクなども考慮されて、新しい職場に就けないという人もけっこういるのです。特別な資格がなければ、いくら以前の職場で経験があっても、自分が望むような条件で働くことは難しいのです。こういった背景を考えると、少々無理をしても仕事を続けておいたほうがいいこともあります。これらを十分に把握したうえで、仕事を続けるか続けないかを選択していくことが大切です。

また、出産をしても、長いブランクは極力避けたほうがいいです。採用する側もそこを必ず見るので、短期間を目処に仕事に復帰していくことを考えておいたほうがいいでしょう。そのためには、当然家族の協力も必要ですし、子供を預かってくれる施設も探しておき、早い対策で準備しておくのが得策です。

Leave a Reply